*

ドメインを取得してとりあえず使えるようにする手順

公開日: : 最終更新日:2013/07/26 サーバ運用 , , , , , , ,

この記事の所要時間:約5分17秒

ドメイン名。ウェブページの顔ですね。ちょっとネットワークに詳しい人なら結構意識していると思います。

今までドメイン名はMyDNSの無料ドメイン”ikuwow.mydns.jp”を利用していたが、サブドメインっぽくてどうもかっちょ悪い。

“mydns”という文字列から「ああこの人はMyDNSの無料ドメイン使ってるんだな。ドメインにお金使わないぐらいだからきっと動的IPで、DDNSのお世話になってるんだろうな」ということがまるわかりである。権力低そう。

奨学金も入って生活も安定してきたので、お金を払ってドメインを取得することにした。以下の3つの手順を行った。

  1. お名前.comでドメインを取得
  2. MyDNSのDNSサーバに取得したドメインを登録
  3. DiCE、Postfixの設定を変更

Cent OSサーバ自体のホスト名はまだ変更しないで、次の機会に回す。バーチャルホスト・バーチャルドメインは使用せず、単純に使えるドメインを付加する形。

お名前.comでドメインを取得

よくキャンペーンの広告を打っているドメイン取得代行サービス。私の利用しているプロバイダのGMOと同じ会社。FreeMLもやっている。いろいろと縁があるので今回もお世話に。

whois情報代行が無料だったのでもちろん申し込みました。whoisというコマンドはドメイン名の持ち主の情報を表示するコマンド。ドメインを申し込むときに、住所や連絡先を代行サービス先を通じてICANNという世界のドメイン等を管理している団体に教える。これを探しだすのがwhois。これをwhoisで個人情報がわからないようにダミーの情報を表示してくれるのがwhois情報代行サービス。

個人情報がわかってしまうので、少なくとも自鯖なら絶対に登録しておくべき。MyDNSの無料ドメインも自動でwhois代行してくれているようです。キャンペーンで無料といっているが、無料でないとサービスとしてはよくないのかも。

ドメインは初年度600円、更新料が1200円ぐらい。始めてのドメイン取得なので初年度が安いのはありがたい。

取得したドメインはikuwow.com。ほれぼれするぐらいシンプルでよい、と、自分では思っている。

ドメイン取得にそこまで難しい手順はなかった。

MyDNSのDNSサーバに取得したドメインを登録

お名前.comはDDNSサービスも提供しているようだが、DiCEを使った自動更新がこの2013年の2月あたりからできなくなってしまったらしい(リンク)。自動更新をするなら専用クライアントをインストールしろとのこと。ただしWindows専用。

DDNSは今まで無料ドメインももらっていたMyDNSにやってもらうことに。

まずネームサーバをMyDNSのものに変更する。お名前.comのドメインNaviにログインし、「ドメイン設定」→「ネームサーバの設定」から「他のネームサーバを利用」、プライマリとセカンダリをそれぞれns0.mydns.jp、ns1.mydns.jpにする。

スクリーンショット 2013-07-26 19.10.38

次にMyDNSの方の設定。既に無料ドメインをMyDNSからもらっていて、DDNSを使っている。別にDDNSを使うドメインを登録する場合は新しくマスターIDを発行しなければならない。つまり、別アカウントを作るということ。

そして登録。IP ADDR DIRECTから今のIPをとりあえず登録し、DOMAIN INFOにドメインを登録。

スクリーンショット 2013-07-26 19.16.30

これで「向こう側」の設定は全て完了。お名前.comのメールサーバの変更が最長72時間かかるらしかったが、6時間ぐらいあとに確認したら既に変更が適用されていて、新ドメインでもアクセスできるようになっていた。

DiCE、Postfixの設定を変更

DiCEの設定は、新しくイベントを変更するだけ。DiCEの設定の仕方まとめを参照。

Postfixの変更。/etc/postfix/main.cfmydomainmyhostnameは変更せず、mydestinationに登録したドメインを追加する。これだけで、今使っているikuwow.mydns.jpのドメインに加えてikuwow.comのアドレスでもメールを受信できる。IMAPログインは、おそらく証明書の名前が違うからできない。そのうち変更する。

/etc/hostsに書かなきゃいけないとは聞くけど、全然困ったことがない。ローカルからも問題なくアクセスできる。なんでだろ・・・?

Apacheはとりあえずそのままでも、ホームページの閲覧は可能だった。WordPressのログイン画面やphpMyAdminでSSL接続するときだけ、リダイレクトされたり証明書がおかしいと言われたりする。おいおいサーバのFQDNを変えるときになったら考えることにする。

DNSにも興味が湧いてきたので、バッタ本と呼ばれるオライリーの定番書を借りてきた。電車で読む。

 

関連記事

no image

rsyncで毎日自動差分バックアップを構成

毎日の明け方に、外付けHDDにrsyncバックアップをするようにした。rsyncを実行するシェルスク

記事を読む

no image

USB外付けHDDをext4にフォーマットする手順

前エントリの玄人志向のHDDケースを買った。で出来上がった外付けHDDをフォーマットして、Cent

記事を読む

OP25Bを越えてメールの送信を可能にする手順

やっと出来るようになりました。この本のお陰ですほんとに。 送信関連でやったことは、SM

記事を読む

no image

NVR500でフレッツサービス情報サイト(NGN IPv4)に接続するための設定

安定性に定評のあるYAMAHAのNVR500たんを買ってもう3ヶ月になりますが、やっとこさフレッツサ

記事を読む

ApacheにDigest認証を設定する方法

私は自鯖でownCloud、phpMyAdmin、Cactiを使っているのですが、外部に外部

記事を読む

no image

玄人志向のHDDケースを買った。

  先日、ふとしたきっかけで500GBのSATAのHDDが手に入ったので、HDDケー

記事を読む

Postfixの本をちまちま読んでいる

メールサーバはできているものの、OP25Bを乗り越えるのがうまく行かず、メールの送信だけができない状

記事を読む

DiCEの設定の仕方まとめ

DDNSを利用している皆さんはいつもお世話になるであろう、自動IP通知ツールDiCEの登録の一部始終

記事を読む

no image

新サーバにMaildirディレクトリを移動させたときのトラブル

サーバを作りなおした件で、Postfix・Dovecotサーバもリストアしました。 新サーバで

記事を読む

最近の自宅サーバ事情

最近一番問題なのが、以前までMac miniの方で起きていた不定期にネットが切断される現象が、サーバ

記事を読む

ブログを移行しました

新しいブログはこちら http://queryok.ikuwow.co

ChefとAnsibleの比較 〜Ansibleはじめました〜

今まで個人のMacの環境構築には、Brewfileなるものを作成してい

no image
モチベ低い大学院生でも院進学で得られたもの

つい今月の頭に修士論文を提出して、長いプレッシャーから解放されました。

Apple Thunderbolt Displayを使って30分で理解した利点3つ

今まで研究室ではMac ProとDellのちゃちな21インチモニタで作

ニコニコ動画の動画上部のニュースを非表示にするSafari機能拡張

作りました。 HideNicoVideoNews http:/

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑