*

Cent OSサーバを1から再構成しなおした。

公開日: : 最終更新日:2013/06/11 サーバ運用, 備忘録 , , , ,

この記事の所要時間:約5分25秒

リストアしちゃいました。

再構成するきっかけになったのは、/パーティションをなんと2GBしかとっていなかったこと。

使用率がどんどん増えてすぐ90%になってしまい、学校の課題で利用するDB2 express Cをインストールするときに空きがなくてインストールできず、このままではヤバイなと。LVMも使っていず、暗い未来しか待っていないように感じたので、パーティション切るところから新しく作りなおすことにした。

また、サーバを作りなおしてバックアップから再構成したこともなかったので、今後のいざというときに備えて経験しておくというのも目的の一つ。

前回のようにrsyncで/var/www/root/home/etcを、そしてBackWPupでWordPressブログの全てをそれぞれバックアップした状態からのリストア。以下の3ステップ。

  • OSの再インストール
  • モニタを外す前に最低限やること
  • 各種サービスの再構成

OSの再インストール

手元にあるのがCent OS 6.0 64bitのインストールディスクなので、これを使ってパーティションを区切り直して再インストールをする。

パーティション構成は以下のとおり。

$ df -h
Filesystem            Size  Used Avail Use% マウント位置
/dev/mapper/vg_hostname-LogVol00
                       58G  3.4G   52G   7% /
tmpfs                 939M   76K  939M   1% /dev/shm
/dev/sda1             985M   60M  876M   7% /boot
/dev/mapper/vg_hostname-LogVol01
                       50G  3.5G   44G   8% /home
/dev/mapper/vg_hostname-LogVol03
                      2.0G   45M  1.8G   3% /tmp
/dev/mapper/vg_hostname-LogVol02
                      116G  654M  109G   1% /var
/dev/sdb1             459G   18G  418G   5% /mnt/backup_exHDD

以前は/usr/usr/localまで別パーティションにしていたけど、そこまでする必要もないような気がしたのでこれぐらい。今回はきちんとLVMを構成した。容量が足りなくなるのが怖くて/bootパーティションを余りにも大きくしてしまった。パーティションをいじらずデフォルトのままでインストールをしても自動でLVMが構成されるようで、物理パーティションだけを使っていた以前の自分は何を考えていたのか・・・。

次にyum updateをかけると600個ぐらいのパッケージがアップデートされる。もちろんここでCent OSも6.4にアップグレード。カーネルを上げるとX Windowが起動しないことは前からわかっていた不具合なので、冷静にルート権限でXorg -configureを打ち、作成された/root/xorg.conf.new/etc/X11/xorg.confにmvしてからdeviceの1つめのDriverをvesaに変更。無事GNOMEが立ち上がるようになった。

モニタを外す前にやること

初回に起動した時の設定をこなしてから、sshの設定。/etc/sshディレクトリを、バックアップしておいた以前の/etc/sshにごっそり入れ替えて、細かな設定まで全て受け継ぐ。こんな乱暴なやり方でも、きちんと問題なく設定を読みこんでくれるからすごいもんですよね。

公開鍵認証のみ(PasswordAuthentication no)にしているので、ここで/root/homeも全て入れ替えて、/home/user/.ssh以下を受け継がせる。無事以前と同様にssh接続ができるようになった。

/etc/inittabを編集。ランレベルを3に。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0のONBOOTをyesに。

あとバックアップディスクをマウントするために、まずblkid /dev/sdb1でUUIDを調べてから、/etc/fstabに起動時に/mnt/backup_exHDDとマウントしてもらうよう記述。

各種サービスの再構成

これはそれぞれ長くなりそうなので別の記事にした。

ApacheやownCloudやlogwatchなど細かなことをやったけれど、普通にインストールをしなおしただけなので省略。

関連記事

no image

/var/log/clamav/freshclam.logの所有権がなぜか変わってしまう問題

深夜3時ごろに、Cron Daemonからこういうメールが送られてくる。 ERROR: P

記事を読む

no image

Apacheの起動が失敗する

ブログの重さが改善されるかと思いapacheのKeepAliveをonにして、restart。 し

記事を読む

dice

DiCEの設定の仕方まとめ

DDNSを利用している皆さんはいつもお世話になるであろう、自動IP通知ツールDiCEの登録の一部始終

記事を読む

a0002_001091

ドメインを取得してとりあえず使えるようにする手順

ドメイン名。ウェブページの顔ですね。ちょっとネットワークに詳しい人なら結構意識していると思います。

記事を読む

no image

情報収集はとりあえずFeedlyとGunosyでいいと思った。あと新聞。

新聞の配信 / HIRAOKA,Yasunobu Googleリーダーが終了したり就活につ

記事を読む

no image

公開鍵認証のSSH

サーバ構築もそろそろ守りを固めます。 SSHを公開鍵認証に。 $ ssh-keyge

記事を読む

152148971_174d907bd6_z

三日間のWebアプリのハッカソンに参加してきた

MacBook 2GHz / tkramer 3日間でウェブサービスを作る、学生向けの3日

記事を読む

N825_hakisaretake-bururui500-thumb-750x500-2224

Cent OSサーバを起動するたびにいろいろとプロセスがクラッシュする問題

いつからか、Cent OSサーバを再起動するたびに件名が" full clash repor

記事を読む

no image

YAMAHAのルータ NVR500を買った。

前からIO-DATAの無線LANルータWN-G300DGRの調子が悪かったので、買っちゃった

記事を読む

PPP_kanaamitonankinjyou500-thumb-750x500-346

最近の自宅サーバ事情

最近一番問題なのが、以前までMac miniの方で起きていた不定期にネットが切断される現象が、サーバ

記事を読む

AnsibleLogo_transparent_web
ChefとAnsibleの比較 〜Ansibleはじめました〜

今まで個人のMacの環境構築には、Brewfileなるものを作成してい

no image
モチベ低い大学院生でも院進学で得られたもの

つい今月の頭に修士論文を提出して、長いプレッシャーから解放されました。

Thunderbolt Display
Apple Thunderbolt Displayを使って30分で理解した利点3つ

今まで研究室ではMac ProとDellのちゃちな21インチモニタで作

nc62150
ニコニコ動画の動画上部のニュースを非表示にするSafari機能拡張

作りました。 HideNicoVideoNews http:/

Tokyo tower
TOKYO HACKATHONが面白そう

最近発見したTOKYO HACKATHONという学生向けハッカ

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑